縣陵東京同窓会からのお願い

長野県外在住の松本県ヶ丘高校卒業生のみなさまへ

母校創立100周年募金のお願いと記念祝賀会のお知らせ

100周年募金のお願い

 母校は2023年に創立100周年を迎えます。同窓生の皆さまには記念事業趣意書が発送され、その趣旨をご理解いただきました多くの皆さまから募金を賜っており、御礼を申し上げます。100周年記念事業では、生徒数の減少に伴う高校再編の動きの中、母校がこれからも魅力あふれる高校であり続けるための、基盤と仕組みづくりを行います。募金は2022年10月現在では約5,000万円に達しておりますが、目標の8,400万円の達成に向けて2023年9月まで募金を続けてまいりますので、引続きのご理解とご協力をお願い致します。
募金をお願いいたします(直接リンク)
 

記念祝賀会 東京会場開催のお知らせ

 2023年9月30日㈯には、松本市にて創立100周年の記念式典と祝賀会が開催されますが、松本まで行けない会員の皆さまも一緒にお祝いできますよう、東京でも記念祝賀会を日本教育会館喜山倶楽部にて開催いたします。当日は松本会場と中継を結び、映画監督の山﨑貴さん(縣陵35回卒)のトークイベントを聴講するほか、記憶に残る楽しい祝賀会にしたいと考えております。東京会場の詳しいご案内は追ってご連絡いたしますが、多くの東京同窓会会員の皆さまのご参加をお待ちしております。
 

ふるさと納税制度による母校への寄付のお願い

  東京同窓会会員の皆さまには2018年より100周年事業の一環として、ふるさと納税を利用した母校松本県ヶ丘高校への寄付にご協力をいただいております。公立高校の限られた予算環境の中で、時代の呼応する新しい学びの方法を実践するのは困難です。記憶力だけで能力を語るのではなく、生徒が一人一人の個性である様々な能力を、自分で見つけて伸ばすことができるような環境。アダプティブラーニング(個々人に合わせた学習進捗)や各種オンラインサービス。ICTを利用したコラボレーションや研究。高校時代は、将来のキャリアや社会人の成功の根底をなす経験を幅広くできる貴重な時間です。制約ばかりの学校教職員や生徒の皆さんに、こんな時代だからこそ縣陵卒業生からの温かい贈り物をしようではありませんか。
 
 縣陵へのふるさと納税の寄付には一定の手順が必要となりますので、詳細は下記のURLからご確認ください。
縣陵へのふるさと納税のページ
 
また、本年度(R5)より長野県のふるさと納税の仕組みが一部変更となっておりますので、以下の説明資料を併せてご確認ください。
長野県ふるさと納税チラシ_信州「学び」応援寄付金.pdf
信州「学び」応援寄付金 寄付申出書.docx
 
 二番目のお願いとして、本ホームページをご覧になった同窓生の皆さま、あるいは同期・後輩・ご友人のうち東京同窓会への登録がまだの方は、TOP画面よりご氏名・メールアドレスなど連絡先のご登録をお願いします。ご登録いただいた情報につきましては東京同窓会で適切に管理いたします。
 
 以上、100周年を迎える母校と母校同窓生のますますの発展のために、宜しくご配慮の程、お願い申し上げます。
 
松本県ヶ丘高校 東京同窓会 会長    久保田 昇子
松本県ヶ丘高校 東京同窓会 幹事長  三澤 政興
100周年記念事業委員会  委員長  太田 稔
 

お問い合わせは <送信フォーム>から。