kenryo_head.gif

misawa2014.jpg母校創立100周年に向かって
幹事長 三澤政興 (高18回卒)

縣陵東京同窓会の皆様におかれましては、日頃から同窓会活動に物心両面からご支援、ご協力を賜り誠にありがとうございます。

 戦後間もない昭和22年秋、日本青年館で73名の縣陵生が集まり第1回が開催されてから、今年で第47回目の縣陵東京同窓会・懇親会が327名の参加者の下、盛大に開催されました。「継続は力なり」と言いますが、「母校愛のリレー」という他校に類を見ない縣陵独特の「絆」で諸先輩方が「汗と涙と笑い」で築きあげてきた貴重な財産と言えます。
 縣陵東京同窓会は今年が役員改選時になります。約半世紀に亘り、東京同窓会活動の原動力としてご尽力頂いた濵一昌名誉会長(高8回卒)、巣山英毅副会長(高11回卒)の後を引継ぐには甚だ重責ですが、次の若き世代へのバトンタッチ役を務めるべく第8代幹事長を引き受けることになりました。何分にもご指導ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 縣陵東京同窓会活動は各回期から自薦・他薦で選出された137名の幹事から9名の代表幹事が委員長・事務局長を務め、合同幹事会で承認された平成26年度会務計画を遂行して参ります。会員の相互交流、親睦を図る多彩な行事が企画されています。是非ご参加ください。
 昨年、母校創立90周年記念事業が行われ、世界中で「縣陵ビール」片手に一斉乾杯し、縣陵ならではの盛り上がりでした。そして、2023年、母校創立100周年に向かって縣陵東京同窓会活動もスタートしました。先輩・同僚・後輩・男子・女子の知恵を総結集し、母校創立100周年記念事業を創りあげていきたいと思います。
 東京同窓会においては、けんりょう「縣陵」にこだわりながらも、時代の進化に沿ったフレキシブルな同窓会活動を目指して参ります。
 縣陵東京同窓会皆様のますますのご健勝ご多幸をご祈念申し上げるとともに、今後ともご支援ご協力を賜りたくお願い申し上げます。

(平成26年6月14日)