kenryo_head.gif

hirasawa2014.jpg松本県が丘高等学校東京同窓会
第七代会長より ご挨拶
縣陵東京同窓会
会長 平沢和久 (高9回卒)

 去る6月14日に開催されました第47回東京同窓会に於きまして第七代の同窓会長に任命されました高校9回卒業の平沢和久でございます。
 会長という大変な重責をお引き受けすることになりました。誠に微力ではありますが、母校並びに当会の発展のために頑張りたいと思いますので会員の皆様には前濱会長以上のご支援ご協力をお願い申し上げます。
67年目を迎えた今年の同窓会は高校36回卒業の皆様に実行委員を担当していただき、松澤実行委員長の下「集まれ縣陵族~笑っていいとも」をテーマに325名という多数の同窓生が出席し、盛大に開催することができました。本当にご苦労様でした。
 縣陵三大精神をバックボーンに三年間同じ学舎で学び、遊んだ同期、先輩、後輩が一堂に会し、相互の繋がりの強化、異業種交流など各種の交歓、親睦を深め、愛校心を分かち合い、正に同窓会の意義が十分に達成されたと思います。
 さて、母校は昨年創立90周年を迎え、記念式典と大縣陵祭が盛大に行われました。  次は9年後の100周年という世紀の祭典に向け、引き続き同窓生一団となって大いなる支援をしていきましょう。
 同窓会の継続発展は同窓生皆さんの協力があって成り立ちます。同窓会運営のために
是非とも年会費2000円又は終身会費20,000円のお支払いをお願い申し上げます。
これからも同窓生の絆と出会いを大切に一層の連携と親睦を深めると共に母校がますます
充実し、同窓会の発展と会員皆様のご健勝を心からご祈念申し上げます。
 最後になりますが、これまで献身的に東京同窓会の発展とご尽力された諸先輩、役員の方々に改めて感謝申し上げ、就任の挨拶とさせていただきます。